2013年06月27日

科学帝国丸腰歩兵

 分類学はタクソンを非科学世界から科学世界へと運ぶ。これは国家が未開の地へと侵略して必要なものを略奪してくるようなもので、これを侵略戦争と位置づければ分類学者はその前線に立って素手で奮闘している兵士である。
 このアナロジーで唯一分類学者が兵士と異なる点は、国家の擁する兵士は国家構造体の中心に位置する大本営からの情報と指令で動くのに対して、分類学者は未開の前線を目の当たりにして誰からの指令も受けず、自ら情報を収集して作戦を立てて戦うことである。分類学の仕事が基本的なのは、きわめて限られた情報の元、あるいはほとんど情報ゼロから開始しなければならないことからも明らかであり、その困難さは派生研究者、つまり未開に面した前線に立ったことがないエスタブリッシュメントには想像しがたいだろう。分類学者には、フロンティアスピリットに加えて、後ろ盾を欲しない孤立無援性が資質として要求される。このことは翻って分類学者どうしの統合を困難にする。

動物分類学30講(馬渡峻輔著、朝倉書店)より

>分類学者には、フロンティアスピリットに加えて、後ろ盾を欲しない孤立無援性が資質として要求される。このことは翻って分類学者どうしの統合を困難にする。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

確かにそうした気質が分類学を扱う研究者に多いのは事実ですが、最近は「若手分類学者の会」というMLで各分類群を対象にした若手研究者が命名規約について議論して年に何回か勉強会を開いていたりもするのですお。分類学者、というのではなくて、分類学が生物学者の必修科目的存在になるのがいいと思います。

こう表現すると分類学と分子系統学は全くの別物であるということがよくわかりますね。
posted by かめふじ at 01:26| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

【雑記】80年前の発禁本「エロエロ草紙」復刻のお知らせ

半年ほど前に当ブログでも触れました『エロエロ草紙』復刊.comから復刊のお知らせです。

『エロエロ草紙 完全復刻版』
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68321578

復刊.comでは一年以上前に僕も復刊リクエストをしたのですがこちらは未だ得票数5で伸び悩んでおり、まだまだ復刊への道は遠そうです…

『彩色江戸博物学集成』
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=12687




あ、昨日の海牛類の絵はジュゴンでもマナティでもなくステラーダイカイギュウでした(表紙の説明がTrEEのサイトに…

posted by かめふじ at 22:30| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

【同定】ジュゴン?マナティ?

ちょっといろいろ論文を探してて見つけたのですが、Trends in Ecology and Evolution誌の2009年24巻5号の表紙。

TREE2009.jpg

うーん、ジュゴンだろうかマナティだろうか…僕あんまり海牛類の仲間はちゃんと見比べたことないんですよね。尾ビレ見ればわかるけど顔のドアップじゃわかんないよ…

…とよく見たら!

TREE20092.jpg

フジツボさんがついていらっしゃるではありませんか!

マナティには カメフジツボに近縁な Chelonibia manati が付着することが知られています。
一方、ジュゴンには サラフジツボ Platylepas hexastylos の付着が知られています。

この絵では細かいところまでよくわからないのですが、全体の雰囲気としてはやや サラフジツボ Platylepas hexastylos のように思えます。そんなわけで僕はこの表紙の海牛類、ジュゴンだと思うのですが哺乳類好きの方、どなたか正解をお願いします。
posted by かめふじ at 17:36| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

【論文】ホッキョククジラへのシャチの攻撃

Occurrence of killer whale Orcinus orca rake marks on Eastern Canada-West Greenland bowhead whales Balaena mysticetus
Reinhart et al., in press
Polar Biology, doi:10.1007/s00300-013-1335-3

この研究では1986年と最近数年間のホッキョククジラの個体識別写真を比較して、体の傷がどれだけ増えているかを確かめています。その結果、ここ数年間のホッキョククジラの傷の数がずいぶんと増えていることがわかりました。また、傷はメス成体に特に多く、若い個体、特に仔クジラの傷はあまり多くないことがわかりました。この理由について、シャチによる攻撃がその原因であるとしています。本研究対象エリアのカナダ−グリーンランド間海域は北極の氷の減少やらなんやらでシャチの常駐率が上がっているようです。そのため、ホッキョククジラは何回もシャチに狙われて傷だらけになる、と。成体に傷が多いことから、逆に仔クジラはシャチによる攻撃に遭うと生き残ることができていないのだろうと推察されています。
posted by かめふじ at 09:57| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

ダンボハナアルキ骨格Tシャツ

昨年夏コミも冬コミも落選してほとんど何もしてなかったので、久しぶりに鼻行類Tシャツを作ろうと思います。これまで実験所で販売していたダンボハナアルキTシャツは亀藤によるTシャツくん一枚一枚手刷りプリントで出来具合にムラがあり、しかもミスるとTシャツ一枚廃棄という非常にリスクの高い生産体制でした。今回は業者にお願いしてよりしっかりしたものを作ろうと思っています。前回と少し変えてこんな感じのものを考えています。

20130309 新実験所Tシャツ2.jpg

一枚2000円くらいで作れるようにしたいと思っています。事前の購入希望者が多ければ多いほど一枚当たりの単価が安くなります。

インクカラーの変更はできないのですが、ベースシャツの色は変更可能です。僕の趣味で黒ベースの白インクをデフォにしようと思っていますが、赤シャツに白でも緑シャツに白でも作成可能です。サイズもお子様サイズからXXXLまで対応可能です。僕はずいぶん長いこと愛用していた昆研パーカーのジッパーが壊れてしまって前を留められなくなってしまったのでパーカーもついでに作ろうと思っています。ご注文お待ちしております。
posted by 亀藤 at 17:56| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする