2017年12月30日

【論文】マンボウ論文の感想

あんまりこーゆーノリで論文紹介したくないんですけど、読んじゃったものは仕方ないのでひさびさに論文紹介します。僕はフォローしてないのですが心優しい方々が頻繁にRTしてTLに上がってくるので、いったい何が起こっているのか見に行ったらなんのことはない、自分でRTしてしばらくしたらRT取り消してまた自分でRTという涙ぐましい努力をしていらしたのです。
https://twitter.com/manboumuseum/status/941979994200276994
そんなわけで「あの論文ってそんなにすごいことなの?」と質問されてしまったこともあり(あと「うざいからアレどうにかしろ」と闇の勢力から謎の圧力を受けたので)今日紹介する論文はセルフRTで長らくアピールしてくれたこちらの論文

Sawai E, Yamanoue Y, Nyegaard M, Sakai Y (2017) Redescription of the bump-head sunfish Mola alexandrini (Ranzani 1839), senior synonym of Mola ramsayi (Giglioli 1883), with designation of a neotype for Mola mola (Linnaeus 1758) (Tetraodontiformes: Molidae). Ichthyological Research, https://doi.org/10.1007/s10228-017-0603-6

そこまで面白いというのであれば読んでやろうじゃねえか。

基本的にはこの著者による アピール画像(以下ポスターと記述)で触れられてる内容の確認と意義についてです。魚類の記載論文用語は知らないので形態と記載文については「著者の述べる通りなのだろう」と信頼して飛ばします。

で、まずポスターと論文を照らし合わせてみたんですけど、そもそもポスターの上半分はこの論文の内容じゃないのね。この論文の前に著者が2ndの共著として出した Nyegaard et al. (2017)の内容なんですよ。だからこのポスターをきちんとレビューするにはこっちの論文から読まないといけない。そんなわけでそっちも見ました。まぁおおむねポスターに書いてある通りの内容で、マンボウの新種を記載しましたということでした。ただ、もうこの時点で分類学のルールをある程度知ってる人にはお察し案件なんですけど、ポスターにも強調されている通り19世紀までに33種記載されていたというハナシじゃないですか。で、新種が見つかったので記載しました、ということであればですね、「この33種のいずれとも異なる種である」とその形質をひとつひとつ記述していかなければならないんですよ。ただ、マンボウが手当たり次第に記載された1800年代は今のようにちょいとググれば最新の文献に当たるようなシステムが整備されているわけでもない牧歌的カオスな時代です。「こんなヘンな形した魚がいる!これは新種に違いない!」と、世界中でお互いに知らぬ人達がそれぞれ新種として名前をつけてきた歴史があるわけです(たぶん)。こうした名前に関する混乱をまとめるための分類学ですから、同じものに複数の学名が当てられた場合は、それらの学名の中で一番最初に命名されたものを採用するというルールがあります(先取権の原則)。そんなわけで「33個学名が提唱されたからといって実際に33種いるわけではない、それぞれが勝手に言ってるだけでマンボウなんてせいぜい2種くらいしかいないだろう」と言ってのけるおじさんが現れるわけです (Fraser-Brunner 1951)。で、著者らは Fraser-Brunner (1951)を含め、これまでに出版された3つの文献を判断のベースとして (Fraser-Brunner 1951; Parenti 2003; Eschmeyer et al. 2017)、少なくとも2種のいずれでもない3種目のマンボウがいると主張しているのです。この表では「1951年、2003年、2017年に出版されたマンボウの論文ではこう言われている」というまとめ方をしています (Table 2)。まぁ事実上19世紀に記載されたすべての原記載標本をチェックするなんて不可能だとは思いますが(そしてこれがマンボウの分類が進んでこなかった理由だと思いますが)。

さて、前半の新種マンボウ記載はこの辺にしておきましょう。いよいよ今回のメインである魚類学会英文誌の方の論文です。ただこの内容、紹介していいのかなぁ…

いや、というのもカンタンなハナシでですね、今まで Mola ramsayiとしていた種に、もっと古く命名された標本が見つかりました、という内容なんです。一言で言ってしまえば1951年の時点で Fraser-Brunnerさんが「こいつもモラモラだ」と判断していたものが実はモララムゼでした、というだけのこと。つまり、この1951年のおっさんがモラモラとモララムゼを適当に分けてただけで、Nyegaard et al. (2017)で新たに記載された Mola tectaもこれまでに提唱されていた33種の中にいるんじゃねえの、という当然のツッコミが浮かぶわけです。今後そうした標本が再発見される可能性は極めて低いとは思いますが(古すぎるから)、33種のどれかが Mola tectaであった可能性はかなり高いだろうなあと個人的には思っています。もしそうした標本が見つかったら当然 Mola tectaの学名も先取権の原則により不採用となります。

ついでに言うと、 このツイート このツイート の画像は意図的か非意図的なのか知らないけど、明らかに間違っている部分があります。
https://pbs.twimg.com/media/DQVRoGLUMAAVkHM.jpg
意図的だとしたら悪質かつ意味不明だし 非意図的だとしたら自分の研究内容も理解してないのかっつーハナシなんですけど、この表では1839年、Ranzaniによって Orthragopriscus alexandriniとして記載されたものが Fraser-Brunner (1951)では Mola ramsayiとされた、と示されてます。が、実際には Orthragopriscus alexandriniとして記載されたものは Mola molaとされています。そりゃそうだ、 ramsayiと alexandriniが同じものだと当時分かっていたのであれば Fraser-Brunnerさんも最初から ramseyiではなく alexandriniを採用していたでしょう。

あと、僕が懸念するのはこの先のことです。この論文で著者らはいわゆるマンボウ、 Mola molaのネオタイプ標本を指定しています (指定したっていうのに MZUB (unnumbered)ってのはどういうことだ→ Table 1)。ネオタイプとは学名の命名の基準たりえるホロタイプ、その比較に使ったパラタイプなど、一連のタイプ標本が完全に失われた際に仕方なく指定する新しいタイプ標本です。これまでリンネが Tetraodon molaとして記載したタイプ標本が見つからないがゆえに Mola molaが Mola molaたる所以、いったい何をもってマンボウとするのかがハッキリしなかった。そのため、それっぽい形をしたものはみな「マンボウ Mola mola」といっしょくたにされてきたわけです。今回、著者らはこの Mola molaについて新たにネオタイプ標本として指定しました(イタリアの博物館、Museo di Zoologia, Università di Bolognaにあるどの標本かわからないけど、その中のどれか)。つまり、リンネが指定したものと同じ種かどうかはわからないけど、Mola molaの Mola molaたる所以、基準ができてしまったということです。ネオタイプ標本の指定というのは「問題があることは最初から分かってるけど誰かがしないことには整理できないから仕方なくする」という一面もあるのでそこまではいいのですが、うがった見方をすれば、この基準から少しでも外れた標本については「また新種のマンボウを見つけました!」と主張することもできてしまうわけです。マンボウについては素人ながら、世界中にこれだけ広く分布するとされるマンボウが3種程度で済むとは僕も思いません。実際にいろいろな情報を集めて構築すれば何種類かいるのだろうとは思います。ただ、それが19世紀に記載された33のどの種とも異なる全く新しく発見された種類なのかということについてはかなり慎重になるべきだろうと考えています。また、MZUB (unnumbered)としてネオタイプに指定した標本の写真すら載せていないのと(Figure 6のe, fに皮膚の拡大写真だけ載せてるけど Mola mola標本の一覧図 Figure 8には載っていない。どのような標本をタイプ指定したのかこの論文から窺い知ることはできない。まぁ本文読めば特徴は書いてあるのかもしれないけど【追記:Fig. 3bにありました。僕の見落としです】)、ネオタイプ標本に関するdescriptionの節がないのは記載論文としてどうなのと強く思います(『Neotype designation for Tetraodon mola Linnaeus 1758』という節に記載文があるのかと思ったけど誰々何年がああ言った、誰それ何年がこう言ったという背景の整理で標本の記載文ではないようでした。前半部の M. alexandriniに関する記載文のようにちゃんと標本のdescriptionを入れるべきだし、この『Neotype designation for 〜〜』は記載文のRemarksで述べるべき内容では)。

あと、ポスターの最後のほうとかは本当にどうでもよくて、「和名ゴウシュウマンボウは歴史から消え去ることになったのだ…」とか、だってそりゃ和名のハナシでしょ、と。本当にどうでもいい。このへん無脊椎勢と脊椎勢で感覚少し違うのかもしれないけど、無脊椎勢としては日本にいないものに和名つけること自体そもそもナンセンスと思いますからね。南半球にしかいないんでしょ?だってシーラカンスをムカシヨロイウオとか呼ばないわけじゃん。

あと、これは研究者として本当に不誠実な態度だと思うので指摘しておきますが、ご著書(日本語の一般書)を引用文献に使っていますね。それ、海外の研究者が確認できない資料じゃないですか。英文のアブストすらなく(たぶん)査読もされてないような一般書は引用に足る適切な資料ではありません。ご自身が「原記載は英語以外(ラテン語など)が多い→読めない!」と愚痴をこぼしているのに一般書も含む11本もの(追記:筆頭著者による)日本語文献をざっと確認しただけでも30回以上も(自己)引用して使うことも研究者として実に不誠実な態度であると言わざるを得ません。和文なら普通は引用文献リストに [in Japanese with English abstract] とか注意書きをつけるところですが、そうした配慮もありません。また、このご時世であればSupplementaryにいくらでもデータつっこむことができるのに unpublished dataとして5回、personal observationとして5回、読者がアクセスできない情報を10回も引用していることも研究者として本当に不誠実な態度です(ざっと見ただけでこれだけあったので、ちゃんと数えたらもっとあるのかもしれない)。一般書,
日本語論文, unpublished data, personal observationともに学術論文の引用のスタイルとして認められないことはありませんが、同定の基準となるべき分類学の論文で読者がアクセスできない情報をこうも安易に使うのは研究者として本当に不誠実な態度です。

ツッコミが長くなってしまいましたがものすごい雑にまとめると、ハナシとしてはこの著者が 2ndとして共著に入っている Nyegaard et al. (2017)の「Mola tectaという未記載のマンボウがいました!」で完全に終わっていることなんですね。今回の論文は、既知種の1つ、Mola ramseyiとされていたものにもっと古いタイプ標本が見つかって、これまで使ってた ramseyiがシノニムになりました、というだけの話なんです。というわけで、言葉を選ばなければいろいろ言えるのですが、たぶん世界でも5本の指に入るくらい真面目にこの論文を読んだ第三者であろう僕の感想を、言葉を選んで慎重に表現するなら「判断の根拠とする情報を和文やpersonal observation, unpublished dataなど読者がアクセスできない独善的な情報に依存する信頼のおけない内容」ということになりますし、ニュースバリューとして見ても「学名の変更なんか分類学やってりゃよくあること」ということになります。「専門的過ぎて一般に受けない」というのはメディアがかなり気を使ってくれた表現だったのではないでしょうか(論文投稿しても某n誌とかそういう表現でrejectくれやがりますし)。
posted by かめふじ at 16:24| Comment(1) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

【論文】ウミガメ産卵巣の犬による食害

Roaming characteristics and feeding practices of village dogs scavenging sea-turtle nests.
Ruiz-Izaguirre et al. 2014
Animal Conservation, doi:10.1111/acv.12143


野犬によるウミガメ産卵巣荒らしの被害がけっこう世界中で知られているそうです。この論文では地域の犬に発信機を取り付け行動を追跡し、ウミガメ産卵巣を荒らす個体とそうでない個体の行動の違いを検証しています。

inu3.jpg

その結果、ウミガメ産卵巣を荒らす個体は荒らさない個体に比べて行動圏が広いことが示されました。また、この研究では飼い主へのインタビューなども行われ、栄養状態も調査しているのですが、どうやら腹減ってる個体ほど広くウロウロしてウミガメの産卵巣を荒らす傾向がみられるようです。そんなわけで、カメのためにも飼い主は犬にきちんと餌を与えましょう、というオチの論文でした。

日本国内では犬による被害を聞いたことはあまりない気がしますが、日本の犬はきちんと餌を与えられているからなんでしょうか。野良犬のこともあるし、日本で起こらないこともないと思うのですが。大型哺乳類による食害は八重山の方でリュウキュウイノシシによる食害があるらしい、というハナシを聞いてはいるのですが、僕が沖縄本島をウロウロしていた頃には少なくともやんばるでは大型哺乳類による食害はなかったような気がします(やんばるにもリュウキュウイノシシはいるけど、八重山ほど多くない)。世界ではマングースによる食害も報告されている一方で、マングース天国の沖縄では食害の報告がなかったり、この辺の違いがちょっと気になるようなならないような感じです。また沖縄で暮らすチャンスがあれば検討してみたい課題です。
posted by かめふじ at 20:47| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

【論文】オサガメ産卵巣の砂中温度と性比

High beach temperatures increased female-biased primary sex ratios but reduced output of female hatchlings in the leatherback turtle.
Tomillo et al. 2014
Biological Conservation, 176, 71–79


ウミガメ類を含むカメの仲間は卵の期間をどれくらいの温度で過したかによって性が決まる温度性決定というシステムを持っています。ウミガメの場合は29.5度を境にそれ以上だとメス、それ以下だとオスになります。そんなわけで、近年大きな環境問題として取り上げられている地球温暖化がこのまま進むとウミガメはメスばかりになってしまうのではないか、というようなことが言われています。

この研究では、砂中温度の性への影響だけでなく、卵の正常な発生、つまり無事子ガメに育つかどうかまで調べています。その結果、これまで言われてきた通り、確かに砂中温度が高いと性比はメスに偏るのですが、あまり高温になってしまうと卵の正常な発生率が著しく低下してしまうことが明らかになりました。
fig1.jpg
赤く示した、だいたい28.3〜30.4度の範囲を外れると卵の正常な発生率が極端に低下することがわかります。

化石記録で知られているかぎりでは白亜紀初期から産出したSantanachelys gaffneyiが最古のウミガメとして知られています。以来、地球は長期的な気候変動で何度も温暖な時期や寒冷期を経験してきたわけですが、ウミガメ類の性比は温度との関係だけで考えればその間に何度も偏ってきたはずです。しかし、この研究では確かに性比は偏るものの、実際に成長して子ガメとして海に戻っていく個体の性比を見ると、これまで考えられてきたよりは偏っていないことがわかります。

ここから先は論文には書いていないことですが、砂中温度への耐性が幅広いとこうした環境変化によって性比に偏りができて、個体群全体が影響を受けることもありそうです。耐性の狭さは個体群内の性比を一定に保つために得られた適応の結果なのかもしれません。

【追記】「耐性の狭さは個体群内の性比を一定に保つために得られた適応」は群淘汰ではないか、という指摘がありました。「温度耐性があまり広くなかったから環境の変化に振り回されて性比が極端に偏ることなくやってこれた」と表現すべきでした。
posted by かめふじ at 02:27| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

【論文】ハバネロを用いたウミガメ産卵巣の保護

こんな論文見つけました。

Use of Habanero Pepper Powder to Reduce Depredation of Loggerhead Sea Turtle Nests
Lamarre-DeJesus & Griffin, 2013
Chelonian Conservation and Biology 12(2), 262-267.


ハバネロを用いたウミガメ産卵巣の保護

ウミガメの産卵巣は100個近い卵が眠っているため、掘りだすことができれば重要なタンパク源となります。以前紹介した論文ではマングースによる食害が報告されました。また、沖縄本島でのアカマタによる食害も写真で紹介しました。この調査を行った地域ではコヨーテが主な捕食者らしいのですが、地域によっては他にもアライグマやキツネ、アルマジロなんかもウミガメの卵を狙ってやってくるそうです。

【論文】ウミガメの卵:産卵深度と被食の関係

この論文は、これらの野生生物によるウミガメ産卵巣の食害防除策として、ハバネロを使って捕食者回避を試した報告です。この研究では66個のアカウミガメ産卵巣を対象として、対策なし10巣、従来の網掛けによる防除33巣、卵の直上にハバネロ10巣、産卵巣の表層にハバネロ10巣を準備してコヨーテによる食害の被害率を比較しています。その結果、対策なしと直上にハバネロでは半分近くの産卵巣が食害に遭いましたが、網掛けと表層ハバネロでは著しく食害率が低下したようです。従来の網掛けによる食害防除は砂掘って網掛けして、と作業の手間もかかるし1巣あたり7.5ドルというコストがかかる一方、ハバネロは砂に混ぜるだけで1巣あたり2ドルとコストも低いため、食害防除として有効なのでは、と提案されています。

一方で、今回は食害率のみを比較していい結果が出た、と報告できましたが、卵から出てきたばかりの子ウミガメにハバネロが及ぼす影響についてはノータッチであることについても言及しています。確かに生まれてきたばかりのカメの目や鼻にハバネロが…と考えるととてつもなく痛そうですし、しかもその後海水に入るんですよねそれなんて罰ゲームですか、という気がしないでもありません。子ガメは走光性といって波あたりが光る方向を目指して海に入るわけですが、目を潰されてしまってはそれどころではありませんし。

そんなわけで今後は子ガメへの影響も検討していく必要がありますね、という内容の論文でした。
posted by かめふじ at 01:34| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

【論文】ウミガメの卵:産卵深度と被食の関係

やや古い論文ですが。

How depth alters detection and capture of buried prey: exploitation of sea turtle eggs by mongooses.
Leighton et al. 2009
Behavioral Ecology 20(6),1299-1306.


マングースによるウミガメの卵の食害に関する研究です。舞台はバルバドス。ここではマングースは移入されてきた外来生物ですね。この研究ではタイマイの産卵巣について、どれだけ深く穴を掘ったかが食害されやすさにどれだけ影響するかを検証しています。

この研究によると、産卵巣の発見されやすさに深さはあまり関係ないのですが、実際掘り始めて見つけられるかどうかには大きく影響しているようだ、とのことです。実際に屋久島のウミガメ調査では、あまりに波打ち際に産んでしまってきっと死んでしまうなぁ、というような産卵巣は移植したりもするのですが、産卵痕跡があっても一度埋められてしまうとなかなか卵を見つけることができないのはよくあることです。

この研究で対象となっているマングースはジャワマングースで、沖縄でも外来生物として大きな問題になっています。僕の知る限りでは沖縄本島でのマングースによるウミガメ卵食害はまだ記録がなかったと思うのですが、島によってどうしてこのような行動の違いが出てくるのか、興味深いところでもあります。

ジャワマングースの原産地もウミガメの産卵が知られる地域です。原産地では卵の食害はどうなっているのでしょうか…と気になってマングースでググってみたのですが、沖縄に侵入したマングースは現在ジャワマングースではなくフイリマングースという別種ということになっているようですね。西インド諸島のものもフイリマングースのようですから、この研究の舞台であるバルバドスに侵入したマングースもたぶんフイリマングースでしょう。wikipediaによれば、フイリマングースの原産地はミャンマー、中国南部、バングラデシュ、ブータン、ネパール、インド、パキスタン、アフガニスタン、イランだそうです。ウミガメの産卵も知られている地域が含まれています。ウミガメ産卵巣荒らしがもともと生活史の一部としてあったのか、それともバルバドスで学習した結果その行動が定着したのか。また、フイリマングースの原産地を見ると、ブータン・ネパールのような内陸国が含まれています。バルバドスの侵入個体群がインドのような海岸地域由来、沖縄の侵入個体群が内陸地域由来、というようなもともとの生活史を反映しているのだったら面白いですね。マングースの分子系統によれば、日本に侵入したマングースはインド・パキスタンの系統に近いようです(Veron et al. 2007)。インド・パキスタンはインド洋に面しており、ウミガメの産卵も知られています。現地でウミガメ卵の食害があるようなら沖縄でもウミガメ卵にアタックしてもよさそうですが…。この研究で扱われたバルバドスのマングースについてはVeron et al. (2007)では残念ながら扱われておらず、彼らがどこ由来の系統なのかよくわかりませんでした。侵入先での行動の多様性とでもいうのでしょうか、他の生き物でこういう研究例があるのかどうかちょっと気になりました。


沖縄でのウミガメ卵食害では、アカマタという在来ヘビがウミガメの産卵巣にアタックすることが知られています。

140.jpg
↑なんかいる。

240.jpg
↑潜っていきました。

340.jpg
↑出てきた!

440.jpg
↑デカい!

しかしこの行動も沖縄のどこでも見れるわけではなく、一部の砂浜でのみ観察されています。また、八重山ではリュウキュウイノシシによる卵食害が報告されている一方、沖縄本島ではまだ報告されていません(こちらはただ本当のイノシシ個体数が八重山に比べて少ないからというだけのような気もしますが)。異なる地域間での行動の違いというのは生態学の研究テーマとして面白いものだと思います。いや侵入先では全部根絶してほしいと思いますけどね。
posted by かめふじ at 11:48| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする