2015年10月26日

ノーベル物理学賞受賞に関するぼくの貢献について

東京大学柏キャンパスにある宇宙線研究所の所長であるところの梶田隆章教授がノーベル賞を受賞しちゃったもんだから先日から柏キャンパスはノーベル賞フィーバーで「おめでとうございます」「おめでとうございます」「おめでとうございます」と これでもかというほど貼り紙があってですね。

20151026_b.jpg

20151026_a.jpg
うーん、生協・学食のみならず海洋研の3階まで…


滅多にないことですし、この機会に今回のノーベル賞受賞の舞台裏に隠された重要なエピソードを一つここに紹介しようと思います。

僕は東大新領域の環境学専攻で修士課程を過ごしてまして、新領域ですから当然柏キャンパスかと思いきや当時はまだ柏キャンパスが未完成の状態。環境学の学生は本郷キャンパスの建物に点在している時代でした。僕などは環境学の中でも海洋コースだったものですから、本郷からさらに遠く、現在の大気海洋研究所として移転する前の海洋研究所@中野らへんにおりました(中野坂上、幡ケ谷、西新宿五丁目のどの最寄駅からも遠く不便な陸の孤島)。まぁこんなハナシはどうでもいいんですが、要するに僕が修士課程を過ごした2003-05年前後はまだまだ柏キャンパスも未完成の状態であったということです(TXもまだ通ってませんでした)。

さて、幸いにも実家から通える範囲内であったので経済的な問題はそれほどなかった修士課程の僕ですが、やはり沖縄にはときどき帰りたい、本だって読みたいものはいろいろある、ということでアルバイトもちょこちょことしておりました。学部時代には某建設コンサル沖縄事務所の現場作業で山だの川だの圃場だので調査だウェーイと楽しくバイトしていたものの、某建設コンサルの東京本社で再びバイトを始めるとなんだかデスクワークが多くて眠くなるばかりです。どうせバイトするなら体を動かしていたい、そんなわけで肉体労働派遣バイトなどもしておりました。一日現場入って日給8000〜9000円前後だったでしょうか。たいていはどこぞのテナントの解体やら大きなビルの建材揚重なんですが、ある日事務所に行くと「今日の現場は柏ね」と言い渡されます。だいたい新宿渋谷六本木、たまにお台場の現場があるくらいで山手線の外に出ることは滅多にないのですが珍しいこともあるもんだな、とハイエースに乗って現場に到着するとそこは柏キャンパス。えーと 俺、そこの学生なんだけど…(環境棟はまだできてないけど)。

「今日の現場は東大宇宙線研究所の内装です」

DSC_0388.jpeg
↑宇宙線研究所

宇宙線研究所の裏にプレハブの飯場があって、そこで職人さんたちに挨拶するんですが、「いや俺ここの学生のはずなんですけど なんかよくわからんけどこっちに回されちゃって…」とかてきとうなこと言ってたら「俺、動いてる東大生とか初めて見た」とか職人さんたちにめちゃくちゃウケて大変な現場でした。

DSC_0392.jpeg
↑飯場跡は現在駐輪場になっているようです


で、何が言いたいかというとですね、そのノーベル賞の舞台?となった宇宙線研究所の5階の壁、

俺が塗ったんすよ。

DSC_0390.jpeg
↑10年くらい前だからあんまりよく覚えてないけどたぶんこの壁。

というわけで僕が壁塗った研究所でよくぞやってくれた、僕が塗った美しい壁がノーベル賞に繋がる理知的な空気を醸し出したに違いない、僕の壁塗りがなかったら今回のノーベル賞もなかったかもしれない、と今回のノーベル賞受賞を我が事のようにとても嬉しく誇りに思っています。

梶田先生、ノーベル賞受賞おめでとうございます!


…ちなみに今僕がいる大気海洋研究所は当時まだ完全に更地で、お隣の環境棟はようやく地盤掘って基礎を打とうとしているような状態でした。

DSC_0396.jpeg
↑この写真に写ってるところ全部更地でした。立派になったもんですなぁ。


【追記】
kasiwa.jpg-large
↑古いHDDから柏キャンパス壁塗り現場のとき携帯で撮影したと思われる「20040718環境学棟予定地」と名付けられたBMPファイルが出てきた。
posted by かめふじ at 13:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

デジタルに適応できない論文読み書き初学者のための論文読み書き法

卒論生が渡した論文を全然読んでくれない、こんなんで卒論できんのか、などという友人たちのグチがポロポロと聞こえてきました。未だ支援職員で特に学生の教育義務があるわけでもない僕には今のところあまり縁のない悩みですが、研究生活が始まったばかりの頃の僕が迫りくる論文紹介と教科書輪読ゼミ当番をなんとか回すために始めた論文読み書き法を紹介しようと思います。デジタルに適応できた人はわざわざ印刷せんでも論文は読めるし原稿を直すこともできるのでしょうが、どうしてもそれができないアナログ人間のための個人的論文読み書き法でもあります。

方法は簡単、片面印刷した論文なり原稿なりを、右側に次ページの裏面がくるように綴じるのです。こうすると右側に広大なメモスペースが生まれ、知らない単語の意味から関連事項、教科書からのメモ書きなどありとあらゆる情報を少なくともA4一枚分は詰め込むことができます。
paper.jpg
↑知らない単語とか要約とか関連文献からのメモ書きとかガンガン書ける。学位をとって数年経過する今でも難しい論文とか分野外の論文とか専門に近くてもちゃんと読まないといけない論文とかはこうして印刷してます。メモスペースはたくさんある方がいい。こうしてとにかく自分に不足している情報を書き込んだ論文は、終わってみると自分専用のある種の教科書のようなものにもなります。意外にこうして論文を読んでる人がいなかったようので紹介してみました。特に、ゼミで論文紹介や教科書輪読を当てられて初めて英語の論文を読もうとする卒論生や院生にはこの方法をオススメします。

僕は今もなおモニター上で原稿の改訂というのができないので、原稿の改訂も全てこれでやってます。
draft.jpg
↑単語とかスペルミスなんかは赤のボールペンで、文章とか段落単位での修正は何度も書き直すことがあるのでシャープペンで、一通り書いて修正分をパソコンで打ち込んだら緑のボールペンで終了印をつけています。査読が回ってきたときもツッコミコメントをガンガン書き込めるのでオススメです。

左利きの人は知らないけど、右利きの人にはけっこういい方法だと思います。薄い紙にインクジェットプリンタで印刷すると裏映りが激しくて時間が経つと鉛筆書きは読みづらくなります。問題は片面印刷なので物理的にものすごくかさばること、そして紛失するとけっこうダメージが大きいことです(まぁ紛失が怖ければスキャンしておけばいいだけのハナシですが)。いや荷物重いからipadとかでも論文読めるようになりたいと思ってはいるんですよ(でもできない
posted by かめふじ at 08:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

podcastで英語の勉強

先日、瀬戸臨海実験所で国際フジツボシンポジウムというイベントが開催されました。僕も30分の時間をいただいて発表してきたのですが、そこで改めて思い知らされたのが自分の英語のプアプア加減です。なんとか言いたいことは言えたと思わないでもないのですが(アクション含む)、相手が何を言ってるのかほとんど聞き取れないのです。

これはいかん、この英語の駄目さ加減をどうにかせんといかん、ということでpodcastというものに手を出してみました。
幻影随想:英語耳を鍛えるための科学なポッドキャスト10選
上の記事ではScieneceやNatureなど科学ニュースを中心としたおすすめpodcastが紹介されているのですが、natureやscienceのような総合誌では宇宙やら植物やら物理やら全く分野外で日本語で聞いても無理そうな話題も多そうです。

そんなわけで僕はロンドンの動物学会が発行している学術誌 Journal of Zoology のpodcastを選んでみました。

Journal of Zoology Podcast

Journal of Zoologyに掲載された論文の著者たちへのインタビューが録音されています。2013年のSpring号には、奄美大島のオットンガエルの指に関する論文の著者、岩井紀子さんへのインタビューもあるのですが、同じ日本人とは思えないくらいペラペラとインタビューに応えていてかっこいいなぁと思いました。

論文も手に入れたのでpodcastのインタビューと合わせて英語の勉強を… ( ˘ω˘)スヤァ
posted by かめふじ at 22:22| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

体調不良

たぶん先週の水曜日に帰宅してすぐ寝落ちしてしまって、夜の12時くらいに起きて「んー今からなんかご飯作って食べるのもめんどくさいなぁ」とポテチとコーラ飲んで寝たのがトリガーだと思うんですけど、その翌日からすっげ体調悪いんですね。で、顔中にニキビみたいなのができてアラサーも超えたおっさんが今更ニキビとかマジなんなの、と金曜日には毎週やってる非常勤講師のお仕事も休講にさせていただいて病院に行ったのですよ。そしたら「単純ヘルペスですね」と。

もう15年くらい前になりますか、大学受験の浪人してるときに帯状疱疹にかかったことがありましたが、こんな突然やられるものなんですね。病院では飲み薬塗り薬を処方され、とりあえずこれ飲んで寝とけとの指示があったのでそのように過ごしました。結局土日だけでは回復せず月曜までおよそ70時間を寝続けたことになります。薬を飲むにも食事はせねばならぬ、しかし寂しい一人暮らしですので自分で食事を作らねばならない。体調不良の中できることといえばパスタを茹でるくらいで、7食連続パスタで過ごした時が一番精神的にアレだったと思います。

飲み薬ステージも終了し現在はようやく回復過程に入りつつあるのですが、まだおでことあごのあたりに2cm級のかさぶたが4枚ほど残っていて剥がしたくて仕方ありません。
posted by かめふじ at 23:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

ロゴスホープ号

もはやこの時期の季語となりつつある学振申請書類のため、世間でいうGWというものをその言葉通りに楽しむ生活ということを数年していません。今年も休日は結局申請書のため一日ベローチェで改訂に勤しむばかりでどこに行くこともありませんでした。

このままではあまりにアレなので、世界最大の本屋を積んだ船ロゴスホープ号が長崎港に立ち寄るというので見てきました。

P5030026_640.jpg

うん、洋書がたくさん…でも別に欲しい本ないですね。
P5030029_640.jpg
これとかこれとか安かったら買おうと思って行ったんですけど専門書の類はありませんでした。

船内には外国人のスタッフの方がたくさんおられ、気軽に「Hi」などと声をかけてくれるのですが、そういうリア充的な空気に弱く「ほっといてくれ」的な空気を好む僕にとってあまり居心地のいい空間ではありませんでした。
posted by かめふじ at 22:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする