2019年02月18日

研究職志望院生へのエール。

なんでまたよりによって俺なんかにコメントを求めるのか、というツッコミはさておき、某所で知り合ったM1(他分野)の学生から就活の相談を受けた。「今就活中で研究職志望なのだがどのように就活すればいいか」と。うん、キミは激しくカン違いしている。僕は公募に出しても全戦全敗で、たまたま長いことバイトで世話になってた会社に運よく拾われただけで、実はまっとうな就活をしたことがないんだ(こんな就活の経験はあるけど)。

こう言ってしまうと根も葉もないんですけどね、修士1年てことはまだ「卒論やったことあります」ってだけなのね。当たり前ですけど修論まとめた経験すらない状態なのよ。いやこれはキミを責めてるわけでもなく当たり前の事実として。そんな状態で「研究職志望です」と言われてもさ、正直わからんのよ。キミが研究と思ってるソレ、本当に研究ですか?というレベルでわかんないの。

企業の研究と大学の研究はまぁ目的もアウトプットの手段すらも全然違うし、まぁまだ企業の研究でマトモな成果を出していない俺が言うのもナンだけどさ、基本的には研究って「これまでにない新たな知見を論文なり特許なり製品なりのアウトプットとして生産する行為」なのよね。

で、「これまでにない新たな知見」を生み出すためには「これまで何がどこまで明らかにされてきたか」って既存の成果のレビューが必要なのね。キミんとこのラボがどんな研究しててキミの修論テーマがどんなんかも知らんけどさ、ラボに代々伝わる伝統のテーマとかだともうそれを自分で整理する必要すらないわけ。歴代整理され続けてるからね。で、本当にわけのわからん未知の分野にポンと投げ込まれて「それやれ」って言われたときにその新たな分野で何がされてきたかレビューできますか?ってのが研究職で最低限必要になる能力だと思うのね。M1だし別に現時点でその能力を身につけとけとは言わないよ、そんなもん普通は博士課程の3年間でようやく身につけるレベルの特殊能力だと思うからね。

というわけでさ、これやっとけば研究職の就活で有利です、なんてアドバイスはないのよ。しいて言えば「真面目に卒論修論やってください」なんだけど、そんなもん当たり前のハナシでさ。まぁ俺に人事権なんてないのだけど、もし新しく同僚になってくれる人を俺が選べるのであれば、俺はどんな分野であれ自分の卒論・修論についてアツく語れる人に来てほしいなと思うよ。人事権がある人にそれがウケるかどうかは知らんけどさ。

という何のアドバイスにもならないコメントをしてきました。
posted by かめふじ at 22:37| Comment(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: