2014年09月25日

デジタルに適応できない論文読み書き初学者のための論文読み書き法

卒論生が渡した論文を全然読んでくれない、こんなんで卒論できんのか、などという友人たちのグチがポロポロと聞こえてきました。未だ支援職員で特に学生の教育義務があるわけでもない僕には今のところあまり縁のない悩みですが、研究生活が始まったばかりの頃の僕が迫りくる論文紹介と教科書輪読ゼミ当番をなんとか回すために始めた論文読み書き法を紹介しようと思います。デジタルに適応できた人はわざわざ印刷せんでも論文は読めるし原稿を直すこともできるのでしょうが、どうしてもそれができないアナログ人間のための個人的論文読み書き法でもあります。

方法は簡単、片面印刷した論文なり原稿なりを、右側に次ページの裏面がくるように綴じるのです。こうすると右側に広大なメモスペースが生まれ、知らない単語の意味から関連事項、教科書からのメモ書きなどありとあらゆる情報を少なくともA4一枚分は詰め込むことができます。
paper.jpg
↑知らない単語とか要約とか関連文献からのメモ書きとかガンガン書ける。学位をとって数年経過する今でも難しい論文とか分野外の論文とか専門に近くてもちゃんと読まないといけない論文とかはこうして印刷してます。メモスペースはたくさんある方がいい。こうしてとにかく自分に不足している情報を書き込んだ論文は、終わってみると自分専用のある種の教科書のようなものにもなります。意外にこうして論文を読んでる人がいなかったようので紹介してみました。特に、ゼミで論文紹介や教科書輪読を当てられて初めて英語の論文を読もうとする卒論生や院生にはこの方法をオススメします。

僕は今もなおモニター上で原稿の改訂というのができないので、原稿の改訂も全てこれでやってます。
draft.jpg
↑単語とかスペルミスなんかは赤のボールペンで、文章とか段落単位での修正は何度も書き直すことがあるのでシャープペンで、一通り書いて修正分をパソコンで打ち込んだら緑のボールペンで終了印をつけています。査読が回ってきたときもツッコミコメントをガンガン書き込めるのでオススメです。

左利きの人は知らないけど、右利きの人にはけっこういい方法だと思います。薄い紙にインクジェットプリンタで印刷すると裏映りが激しくて時間が経つと鉛筆書きは読みづらくなります。問題は片面印刷なので物理的にものすごくかさばること、そして紛失するとけっこうダメージが大きいことです(まぁ紛失が怖ければスキャンしておけばいいだけのハナシですが)。いや荷物重いからipadとかでも論文読めるようになりたいと思ってはいるんですよ(でもできない
posted by かめふじ at 08:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: