2013年12月03日

Reject and Resubmit

もう既に何度もRejectを喰らい、前回久しぶりに査読に回ったと思ったら評価が割れに割れてなんと4人もの査読者に回り結局Rejectを喰らった大難産の原稿があるのですが、ここにきてようやくReject and Resubmitという評価を得ることができました。前回の4人分の査読コメントに応えて別のjournalに投稿したのですが、今回は3人の査読者に回ったようです。

今回の査読者のうち一人は

>Interesting subject and presentation of historical materials.

というたった一行のコメントで、前回の4人の査読者の誰かに回ったのだと思います。あとの2名の査読コメントもmajor revisionというほどの大改訂を必要とするほどのものではなく、また『再投稿は2014年の5月末までのヨロシク』という指示もあったので、手応え的にはminor revisionくらいのものと感じています。年内にコメントに応え英文校閲に出して再投稿までいきたいところです。2009年に書き始めた原稿なのですが、ここにきてようやく着地点を見つけた感じです。
posted by かめふじ at 20:32| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

http://www.uni-edit.net/

よろしければご参照ください。

ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。"
Posted by uni-edit at 2013年12月13日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: