2013年04月09日

【報道】ウナギについて

あんまりこういう記事には触れたくないのですがあまりに最低な記事なので。

ウナギ、もっと手軽に 外来種の活用広がる フィリピン産など
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ0500L_V00C13A4MM0000/
2013/4/8 12:00日本経済新聞 電子版

 日本の食卓に並んできたニホンウナギの資源枯渇が懸念される中、加工業界などで外来種を代替に活用する動きが始まった。外来種はフィリピンなどから導入。ニホンウナギに比べ資源に余裕があり割安に販売できる。4月中にも外来種でつくったかば焼きが、小売店に出回る見込みだ。
 ウナギ加工業のカネナカ(愛知県豊橋市)はフィリピンから調達したウナギの一種「ビカーラ種」を使ったかば焼き製品の出荷を始める。稚魚を愛知県や福岡県などで養殖し製品に加工する。ニホンウナギより体が短く頭が大きいが「かば焼きにすれば、食べてもニホンウナギとの区別はほぼつかないだろう」(同社)という。
 稚魚の仕入れ値は1キロ20万円とニホンウナギの10分の1以下。出荷価格はスーパーなどが1匹980円で売れる水準に設定し、月内には店頭に並ぶ見込み。初年度の出荷見通しは50トン前後。外食チェーンにも売り込む考えだ。
 外来種では中国で養殖されたヨーロッパウナギが加工品として販売されているが、国内で養殖した外来種が出回るのは初めてという。
 食品卸の瑞祥食品(東京・中央)も今夏、フィリピンで体長約15センチまで育てたビカーラ種の幼魚を日本のウナギ養殖業者に販売する計画。「ニホンウナギの稚魚が高騰し困っている業者に売り込みたい」といい、初年度は約10万匹の出荷を目指す。
 東和貿易(東京・中央)も中国で養殖・加工したかば焼き製品を輸入する予定。「既存商品より2〜3割安く売れるので関心を持つ量販店が多い」(同社)。水産商社の佳成食品(東京・千代田)も北米などに生息する「ロストラータ種」の稚魚を中国で養殖したかば焼きの輸入を検討中だ。
 国内で主に消費されるニホンウナギは、環境省から絶滅危惧種に指定されるなど資源が枯渇。2011年末ごろから取引価格が高騰し始めた。

ウナギ関連報道が酷いのはいつものことなのですが、この記事は特に酷いと思いました。というのも、今回話題にしているフィリピン産ウナギは「外来種」ではないからです。あえて表現するなら「外産種」。フィリピンウナギは日本に侵入・定着し、在来生態系を脅かしているわけではないのです。

ブラックバスやアカミミガメを代表として、外来種問題はいわゆる環境問題の中でもそれなりに認知されてきた話題です。「外来種」という『よろしくないもの』として認識されている用語を意図的に使用することでウナギの消費にお墨付きを与えようとする非常に悪意のある最低の記事だと思います。

日本のウナギ消費は既にニホンウナギだけでなくヨーロッパウナギまで絶滅の危機に追い込んだ実績があるわけです。記事にあるように薄利多売の大量消費生活を続けようというのであれば、フィリピン産ウナギについても数年後全く同じ運命を辿ることになるでしょう。

posted by かめふじ at 09:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: