2019年02月18日

研究職志望院生へのエール。

なんでまたよりによって俺なんかにコメントを求めるのか、というツッコミはさておき、某所で知り合ったM1(他分野)の学生から就活の相談を受けた。「今就活中で研究職志望なのだがどのように就活すればいいか」と。うん、キミは激しくカン違いしている。僕は公募に出しても全戦全敗で、たまたま長いことバイトで世話になってた会社に運よく拾われただけで、実はまっとうな就活をしたことがないんだ(こんな就活の経験はあるけど)。

こう言ってしまうと根も葉もないんですけどね、修士1年てことはまだ「卒論やったことあります」ってだけなのね。当たり前ですけど修論まとめた経験すらない状態なのよ。いやこれはキミを責めてるわけでもなく当たり前の事実として。そんな状態で「研究職志望です」と言われてもさ、正直わからんのよ。キミが研究と思ってるソレ、本当に研究ですか?というレベルでわかんないの。

企業の研究と大学の研究はまぁ目的もアウトプットの手段すらも全然違うし、まぁまだ企業の研究でマトモな成果を出していない俺が言うのもナンだけどさ、基本的には研究って「これまでにない新たな知見を論文なり特許なり製品なりのアウトプットとして生産する行為」なのよね。

で、「これまでにない新たな知見」を生み出すためには「これまで何がどこまで明らかにされてきたか」って既存の成果のレビューが必要なのね。キミんとこのラボがどんな研究しててキミの修論テーマがどんなんかも知らんけどさ、ラボに代々伝わる伝統のテーマとかだともうそれを自分で整理する必要すらないわけ。歴代整理され続けてるからね。で、本当にわけのわからん未知の分野にポンと投げ込まれて「それやれ」って言われたときにその新たな分野で何がされてきたかレビューできますか?ってのが研究職で最低限必要になる能力だと思うのね。M1だし別に現時点でその能力を身につけとけとは言わないよ、そんなもん普通は博士課程の3年間でようやく身につけるレベルの特殊能力だと思うからね。

というわけでさ、これやっとけば研究職の就活で有利です、なんてアドバイスはないのよ。しいて言えば「真面目に卒論修論やってください」なんだけど、そんなもん当たり前のハナシでさ。まぁ俺に人事権なんてないのだけど、もし新しく同僚になってくれる人を俺が選べるのであれば、俺はどんな分野であれ自分の卒論・修論についてアツく語れる人に来てほしいなと思うよ。人事権がある人にそれがウケるかどうかは知らんけどさ。

という何のアドバイスにもならないコメントをしてきました。
posted by かめふじ at 22:37| Comment(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

『ハエトリグモハンドブック』の素晴らしさを語る

文一総合出版のハンドブックたち、いいですよね。
IMG_20190211_234347.jpg
手元にあるだけでなんでも同定できるぜ!という気持ちになれます。

しかしこの中に1冊、飛び抜けた存在感を放つものがあります。

ハエトリグモハンドブック
須黒達巳著『ハエトリグモハンドブック』

amazonの見ても☆5ばかりの高評価を叩き出しています。レビューも軒並み高評価です。
ただ、どれも写真の素晴らしさと著者のハエトリ愛を称えるばかりでこの本の真の価値に踏み込んでいません。

この本の真の価値、それは『網羅性』です。

著者によれば
「日本から記録のあるハエトリグモのうち、記録の疑わしいものを除き、確実に生息すると判断するのは2017年9月現在105種です。このうち本書には103種掲載しました。」
ということです。実に98.1%をこの本に収めているのです(注)。

ということは、目の前に出てくるハエトリグモはまず間違いなくこの本に掲載されているはずなのです。わかりますか、これはポケモンGOどころのハナシではなく、現実の世界に「ハエトリGO」の世界を確立してしまったということなのです。そして98.1%を網羅しているはずの本書に掲載されていないハエトリグモが出てきてしまったら…それは未記載種、つまり新種である可能性が非常に高い。そうでなければ外国で記載されて本邦で記録のなかった新産地の発見となるか、または外国の資材などに紛れて入ってきた外来種です。いずれにしても自らの発見を生物学史上に学術論文として残すチャンスなわけです。

実際には未記載の生物なんてそこら中にいるのが現実です。ただ、それを新種として命名するには、既知種と比較して「この形態が既知種のどれともこのように違う、だからこれは新種です」という『記載』という作業が必要になります。この『既知種』がどれだけいるかを把握することだけで分類群によっては博士課程の3年間くらいはあっという間に過ぎ去ります。博士課程の3年分にも匹敵する情報をたった1冊にまとめて整理されてしまったら… 我々がやることは1つしかないではないか!そう、新種記載です!この本を参考にハエトリグモを採集・同定しハエトリレベルを上げ、来るべき発見に備える。これはヤバいですよ。マジでヤバいですよ。あまりの感動にサインもらっちゃったよ。
haetori2.jpg

というわけで、このハエトリグモハンドブックを購入した9月以来つくば市にある職場構内で昼休みにハエトリグモ採集を始め、10種の採集に成功しましたという記念記事でした。
中.jpg
左上からミスジハエトリ、シラヒゲハエトリ、アオオビハエトリ、マミジロハエトリ、オオハエトリ、ヤマジハエトリ、ネコハエトリ、カラスハエトリ、ヨダンハエトリ、アリグモ。
ハエトリグモの活動が鈍り出す秋口から始めた採集ですら10種も採集できたということは、シーズン開始からアタックできる今年はさらなるハエトリグモとの出会いが期待できそうです。

著者の須黒氏がハエトリグモ採集に行っていないフィールドはもはや国内に残されていないのではとも思われますが、教員としての職を得られ、幸か不幸かなかなか研究に集中できない状況であるらしいと聞いています。彼が仕事に忙殺されモタモタしている間に1種くらいは僕も新種として記載して命名したいなぁと思っています。

(注)本書の出版後、僕が確認できただけでも著者による発見で本邦産ハエトリグモが2種増えています…
ユキガタハエトリ(新称)
Suguro T (2018) Dendryphantes czekanowskii Prószyński 1979 (Araneae: Salticidae), new to Japanese fauna. Acta Arachnologica, 67(2), 91-94.
キョクトウゼブラハエトリ(新称)
Yamasaki T, Suguro T (2018) Taxonomic note on Salticus latidentatus (Araneae: Salticidae)–a spider species new to the fauna of Japan. Acta Arachnologica, 67(2), 81-85.
posted by かめふじ at 23:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする