2014年07月07日

【論文】ウミガメ産卵巣の犬による食害

Roaming characteristics and feeding practices of village dogs scavenging sea-turtle nests.
Ruiz-Izaguirre et al. 2014
Animal Conservation, doi:10.1111/acv.12143


野犬によるウミガメ産卵巣荒らしの被害がけっこう世界中で知られているそうです。この論文では地域の犬に発信機を取り付け行動を追跡し、ウミガメ産卵巣を荒らす個体とそうでない個体の行動の違いを検証しています。

inu3.jpg

その結果、ウミガメ産卵巣を荒らす個体は荒らさない個体に比べて行動圏が広いことが示されました。また、この研究では飼い主へのインタビューなども行われ、栄養状態も調査しているのですが、どうやら腹減ってる個体ほど広くウロウロしてウミガメの産卵巣を荒らす傾向がみられるようです。そんなわけで、カメのためにも飼い主は犬にきちんと餌を与えましょう、というオチの論文でした。

日本国内では犬による被害を聞いたことはあまりない気がしますが、日本の犬はきちんと餌を与えられているからなんでしょうか。野良犬のこともあるし、日本で起こらないこともないと思うのですが。大型哺乳類による食害は八重山の方でリュウキュウイノシシによる食害があるらしい、というハナシを聞いてはいるのですが、僕が沖縄本島をウロウロしていた頃には少なくともやんばるでは大型哺乳類による食害はなかったような気がします(やんばるにもリュウキュウイノシシはいるけど、八重山ほど多くない)。世界ではマングースによる食害も報告されている一方で、マングース天国の沖縄では食害の報告がなかったり、この辺の違いがちょっと気になるようなならないような感じです。また沖縄で暮らすチャンスがあれば検討してみたい課題です。
posted by かめふじ at 20:47| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする